防犯カメラを購入する前に下調べ

防犯カメラの種類 使用用途・効果・その他
屋内防犯カメラ
屋内へ防犯にカメラを設置する!
標準的な監視レベルの27万画素防犯カメラと、解像度が高く高画質で撮影可能な41万画素防犯カメラがあり、設置環境や導入用途に応じて選択します。
屋内防犯カメラを別売りの屋外防雨カメラハウジングに格納することで屋外への設置も可能です。
屋外防犯カメラ
屋外へ防犯カメラを設置する!
標準的な監視レベルの27万画素防犯カメラと、高解像度で撮影が可能な41万画素防犯カメラがあり、赤外線を照射して暗視撮影が可能な防犯カメラも販売されています。設置場所の撮影環境に応じて最適な防犯カメラを選択します。
防滴対応の防犯カメラは、軒下などに設置できますが、直接雨があたる場所には設置できないケースがあります。販売店にご相談する必要があります。
ドーム防犯カメラ
オフィス(事務所)、ショップ(店舗)、エレベータに防犯カメラを設置する!
カメラ監視角度がわかりにくいため死角スペースにも防犯効果あり。
ドーム型防犯カメラは、不快感を与えない形をしているため、設置を和らげる効果があります。
ワンケーブルカメラ
面倒な配線を1本に
電源重畳コントローラーにより、同軸ケーブル一本で映像信号と電源を重畳して伝送することができます。
既に防犯カメラを設置していた場合は、防犯カメラの同軸ケーブル配線をそのまま利用することができますので簡単に交換することができます。。
防犯カメラのほかに別途電源重畳コントローラーが必要になります。
ワイヤレスカメラ
持ち運びが可能、室内に簡単に設置!
配線工事が不要なため、すぐにしようすることが可能です。初心者でも簡単に使用するため人気です。
設置場所に壁面などの障害物が存在していたり、設置場所個々の環境等により電波状況が左右されるため、映像自体に影響が出ることがあるため、本格的な防犯用途としてはオススメできません。
小型防犯カメラ
オフィス(事務所)、ショップ(店舗)、一般家庭へ!
小型のため、設置位置の自由度に優れています。
防犯カメラの設置を撮影対象者に知られたくない場合にオススメです。
ダミー防犯カメラ
屋内、屋外全般の設置に対応!
防犯カメラの形状を模しているため、安価に防犯抑止効果を得ることができます。
但し、安価なダミー防犯カメラは、明らかに偽物とわかるものもありますので、安価なものは避けた方が無難です。
ネットワークカメラ
リアルタイムな映像監視!
遠隔地から、インターネット回線を利用してリアルタイムで防犯カメラのライブ撮影映像をモニターすることができます。
ライブ映像の配信や、留守宅の監視、複数店舗の監視などさまざまな用途てご利用いただけます。
簡易自動録画
センサ-感知式をお求めの方に
センサーで人の動きを感知し、映像・静止画を記録することが可能。
センサー感知式なので、管理面の経費削除をお考えの方にも最適。
カメラ録画セット

本格的な防犯カメラ録画システムをお求めの方に
最近では、インターネットショップで本格的な監視システムを安価にお求めいただけるようになりました。
お店によっては、片手間で販売しているショップも多数存在しているようですので、先ずは電話で不明なことを質問して、初心者にも理解できるような回答ができないようなお店は避けた方が無難です。


防犯カメラ ヤフー グーグル